サービス背景

就職率

この数字を知って、
誇りに思いました。

薬剤師(国家資格取得者)の就職率は100%。
これは社会から強く求められるスキルであるという証。
学生たちも周囲に胸を張って自慢できる職業だと言うことでしょう。

求人倍率

この数字を知って、
自信を持てました。

一般の大卒求人倍率は、「1.74倍(平成29年度卒)」。
一方、薬剤師(医師、歯科医師、獣医師、薬剤師含む)の求人倍率は「6.67倍」。
薬学生は就職先に困ることはありません。

※求人倍率とは、学生一人に対し、どれだけの企業からアプローチがあるかという基準です。
つまり、薬学生には一人に対し、6.67社からアプローチがあるということです。

応募者数

この数字を知って、
不安を感じたのです。

新卒の薬学生が選考を受ける企業の平均社数は2社。
一般の新卒大学生は平均15社。
一般大学生が自分に合う一社を決断する中、薬学生は最初に内定が出た一社へ。
果たしてこのままで良いのでしょうか?

資格取得の見込み

これを聞いて切なくなったのは、私だけでしょうか?

とある社長曰く、「採用基準は「資格取得の見込み」です。
それがあればある程度のことは目をつむります。
確かに資格は大切だと思います。
しかし、資格取得の見込みあり=内定
という構図に違和感を覚えざるを得ません。

薬学生たちは

  • 多くの企業に逢って沢山の話しを聞きたい。
  • 自分にとってベストだと信じられる会社を選びたい。
  • でも時間も方法も知識も不足している。

という現状です。
そんな想いをカタチにしたのが…

やくるーと薬学生の新しい就活道

  • 薬学生とだけ出会える
  • 一緒に食事をするだけで、
    薬学生の本音が見える
  • 面接ではない場面で、
    さまざまな話ができる
  • 気に入った学生には
    内定を出すことができる

「やくるーと」は、企業と薬学生にとって、「よりベストな未来」を提供するための、まったく新しいイベント型薬学生採用コンテンツです。

まずは1分簡単エントリー

薬学生エントリーはこちらから

企業さまからのお問い合わせはこちらから

これからの薬剤師業界と学生への期待

これからの薬剤師業界が国から求められていること

かかりつけ薬剤師の育成

個々の患者から求められた薬剤師が専属することで、患者個々への専門性を高め、よりきめ細かい医療サービスの提供を実現する。

健康サポート薬局への転換健康サポート薬局への転換

超少子高齢化社会への対応を見据え、地域で暮らす患者本位の医薬分業体制を 構築、地域包括ケアシステム実現の一翼を担う。

これから薬剤師の新卒採用で求めたいこと

人間力

お客様から感謝されるだけでなく、家族のような親密さを感じてもらえる。

後輩への育成力

自身の成長を実現するだけでなく、周囲の成長をも実現することができる。

企業ビジョンへの共感

会社の現在に向き合うだけでなく、会社の未来にも向き合うことができる。

大前提として国家資格

サービス理念・ビジョン

応募者数

資格だけでは得られない極上のビジネスライフを。

学生は資格取得を求め学生生活を送り、企業は学生の資格を求め採用する。
資格さえあれば働くこと自体に困ることはないが、人生の多くを費やす「働く」を
充実したものにするためには、この状況を打破しなければならない。
このサービスは、現在スタンダードとなっている薬学生の採用事情に一石を投じ、
人生を通して豊かな仕事との出会いを実現するためのサービスモデルである。

応募者数

薬学生にとってのベストな就活を創出し続ける。

まずは、やくるーとを薬学生にとってのベストな就活サービスとして確立する。
そして、近未来的には、やくるーと以上の就活サービスを確立する。
さらに、中期的には、やくるーと以上の就活サービス以上のサービスを確立し、
長期的には、やくるーと以上の就活サービス以上のサービス以上のサービスを。
いつもベストな就活サービスを考え、提供し続けるチームでありたい。それが、我々のビジョンなのである。

まずは1分簡単エントリー

薬学生エントリーはこちらから

企業さまからのお問い合わせはこちらから