有限会社平田薬局

100%お客様の味方に。

あなたを育ててくれるのは、意外な先生だったりするのです。

10年後になくなる仕事として・・・

そういえば、薬剤師の仕事って「10年後に、無くなる仕事」のひとつとして
挙げられているのをご存知ですか?

その理由は「医師に処方された薬を袋詰して、患者に渡すだけの仕事だから、特別なスキルがなくてもコンピュータが全てを行えるようになるし、なんならその方が正確で、
間違えないから」なんだって。
こういうのを聞くと、まだまだ薬剤師が提供している仕事って理解されていないんだなって、残念な気持ちになる反面、もっと頑張らなくちゃいかんな~って燃えてくるんだよね。

心なしか熱を帯びた口調で、平田社長は続ける。

お医者さんが出した処方箋の内容をチェックするのも、患者さんへの説明や質問に応対するのも仕事。むしろ、こっちの方が、薬に対する知識を持っている我々が担うべき重要な役割なはず。時には、世間話の相手をすることだってあるしね。

それって、機械には少し難しい注文だと思いませんか?
患者さんが機械に
「この薬効いていないような気がするんですけど・・・」って話しかけても
きっと
「・・・・・・」
だと思うんだけどね。

そう笑いながら話す表情が、少し寂しげに見えた。

100%の味方でありたい

患者さんは、調剤薬局に薬を求めてやってくる。
だから言わずもがな、求められた薬が存在することはとても重要。
薬剤師は、お医者さんが出した処方箋内容をチェックし作って渡す。
だから、薬の知識があることがとても重要。

でも、平田薬局が最も重要だと考えていることは、100%患者さんの味方になること。
大切なのは、患者さんが感じている苦しみや辛さを理解してあげることなのだと考えている。

ちなみに、理解することと判断することは大きく異なる。

泣いていれば「辛そう」。笑っていれば「楽しそう」。これが、判断。
なぜ泣いているのか?なぜ笑っているのか?
どのくらい辛いのか?どのくらい楽しいのか?
そんなことが分かるのが理解。

自分の病状に悪いと知っていたって、カップラーメンが食べたくなることだって、
ありますよね。

そんな気持ちを汲み取って上げることができれば、カップラーメン1食だけではなくて、
トータルの食生活でアドバイスが出来たりするもんだと思うのです。

薬剤師は、患者さんの味方であれ。
これが、平田薬局の方針であり、有り続けるべき姿なのです。

人と近い距離の仕事を

夢のあるような話ではないけどいいかな。
私が、薬剤師になった理由なんて、そんな立派なものがあるわけじゃないのです。
そもそも親族に、薬剤師は一人もいないですしね。

高校生の頃、特に英語の成績なんか見れたものじゃなかったのだけど、
化学だけは成績が良かった。
それこそ、100点取れなかったら悔しいというレベル。
それで、化学を活かせる学部を探したら、薬学部にぶつかった。
国家資格を取得できるのも魅力のひとつだったけど、今みたいに薬学の知識を活用して、
人の役に立ちたい!
そんな、想いが固まっていたわけではないのです。

MRに就職。病院も考えたんだけど、実習先の調剤室が地下にあって、
誰とも会話せず黙々と作業を進め続ける体験をさせられて、やめることにした。
営業を続けているうちに、薬を利用する患者さんの近くで仕事をしたくなって、独立。
この時点では、いまと同じ気持ち。
つまり、どうしたらお客様の力になれるのかってことを真剣に考え始めていた。

創業して18年。
満足はしていないけれど、少しは、お客さまの力になれる会社になったような実感はある。

薬より人が好きな人と

こんな小さな会社にだって、ひとつやふたつ自慢できることがある。
例えば当社の女性社員は、ほぼ産休を取らないで働き続ける。
もちろん、取らせないわけでも取りづらい環境であるわけではない(たぶん 笑)。

出産後、少し落ち着くと みんなは子供を連れて出勤してくれる。
勤務中も子供の世話ができるように、みんなでサポートするから保育園より快適らしい。

お客様の名前覚えもいい。だから信頼していただいている(はず 笑)。
うちのスタッフは、車のナンバーを見るだけで、多くの患者さんと薬が一致する。
仕事のスピードが上がることもメリットのひとつであるが、
なによりその熱意が伝わり、コミュニケーションがスムーズになる。

そう考えると総じて、薬以上に人に興味がある人が集まっているんだなって思う。
だから、新しく一緒に働いてくれる人も「人のことが好きな人」がいい。

薬以上に人への興味がある人。
そんなメンバーが集まれば理想的な調剤薬局が作れると思う。

理想的な調剤薬局ってどんなかって?
それは、もちろん100%患者さんの味方になれる薬局ですよ。

意外なる先生に教わりながら

調剤薬局という職種が、将来有望な職種かは分からない。
でもやっぱり 近い未来には、なくては困る職業に選ばれているよう
努力していかなければならないと思う。

医者が、不足している近年の状況は、当分変わらないと予測されている。
その解決策として、国が在宅医療の推進に舵を切ったので、病院のベッド数も3割ぐらい
減らされる。しかし、在宅を対応するドクターがいない。
では、誰が病院へ来られない患者さんを対応するのか?
そんなところにも薬剤師の活躍の場はあると思う。

活躍するためには薬剤師ひとり一人の能力が求められる。
1年や2年で、一流になれるわけではないけれど、目指し続ければ誰にだって
手に入れられるレベルの能力が。

少なくとも平田薬局には、私だけではなく面倒見の良い先輩社員がいる。
1からじっくり教えてくれるから、未経験の新卒でも安心して飛び込んで来て欲しい。

そういえば、教えてくれると言えば、ベテランの患者さん。
新人を鍛えるために意地悪な質問をくださる先生でもある。
数々の問題を乗り越える。その繰り返しが、薬剤師を育ててくれるんだと思う。

募集要項

募集職種
薬剤師 ※要薬剤師免許
雇用形態
正社員
給与
大学新卒
基本給 190,000円
精勤手当 10,000円
薬剤師手当 50,000円  計:250,000円
賞与 年2回:3~4か月/年
自家用車通勤可(通勤手当はガソリン代換算)
昇給 年1回(4月)                         
福利厚生
■社会保険完備:
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災加入
■退職金制度有(勤続3年以上)
■10年勤続表彰
■全社員対象:
社員旅行、納涼会、忘年会、研修旅行
健康診断、インフルエンザ予防接種
■教育・研修
・社内社外研修会への参加
・学会参加
日本在宅医療学会
日本簡易懸濁法研究会
日本老年薬学会
服薬ケア研究会
日本薬剤師会学術大会   以上実績
■資格取得サポート
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
スポーツファーマシスト    実績有
仕事内容
■薬局における保険調剤
■一般医薬品・衛生材料・健康食品の販売
 健康相談
■在宅における訪問服薬指導(無菌製剤含む)
■実務実習性の受け入れ指導
勤務地
栃木県佐野市君田町30-3(本店)
栃木県栃木市大平町西野田641-4(大平店)
勤務時間
平日 8:40~18:40 (休憩90分)
※薬局店舗により、多少の時間差あります。
実働 8:30
40時間/週
残業実績:0~3時間/月
休日休暇
■休日
日曜日、他に4日間/月
■休暇
有給休暇10日~20日間迄/年
※前年分の持越しは1年に限る
親族、本人の冠婚葬祭については社内規定あり
採用予定人数
若干名
選考プロセス
社長面接(必要があれば複数回)
その他
■提出書類:履歴書、成績証明書
■産休実績あり
※早期職場復帰希望の場合保育環境あり
■創業:1998年10月
薬剤師として一緒に働き、社会に貢献しましょう

応募する

会社概要

社名
有限会社平田薬局
事業内容
保険調剤                 一般薬・衛生材料・化粧品・健康食品の販売
代表者名
平田 義人
資本金
300万円
売上
3億6千万円
従業員数
薬剤師:8名 事務職:7名
事業所
本店:栃木県佐野市君田町30-3
大平店:栃木県栃木市大平町西野田641-4

応募する